特殊疾患病棟

特殊疾患病棟

特殊疾患病棟とは

パーキンソン病などの神経難病を患っている方や、脊椎損傷などによる重度の障害をお持ちの方、重度の意識障害をお持ちの方、呼吸器管理が必要な方などに長期間の療養環境をご提供致します。

パーキンソン病などの神経難病を患っている方や、脊椎損傷などによる重度の障害をお持ちの方、重度の意識障害をお持ちの方、呼吸器管理が必要な方などに長期間の療養環境をご提供致します。

当院の特殊疾患病棟の特徴

入院

特殊疾患病棟では人工呼吸器による呼吸器管理が必要な患者様の受け入れも行っています。
これまで繰り返し転院を余儀なくされていた方々が長期的により快適に過ごして頂ける様、患者様ひとり一人の状況に合わせた症状の緩和を図るなど、常に最適な医療をご提供しております。

入院環境

症状の重い患者様やご家族様が安心し、明るく前向きな療養生活を送って頂ける様に夜間にも手厚い看護体制を敷いたり、季節の移ろいを意識した病棟づくりを心掛けております。
また、褥瘡対策も重視し、ひとり一人にあった予防・治療方法をチームで話し合い、職員に対し周知徹底を図っております。

取り組み

当院は埼玉県難病医療連絡協議会事業協力病院として、患者様やご家族様のお力となれるよう、日々努力・研鑽しています。

  • バスでお越しの方へ時刻表はこちら
  • オンライン予約はこちら
  • 医療法人靖和会飯能靖和病院公式Facebookページはこちら
  • お問い合わせはこちら